衣・食・住

【太りたい】痩せすぎ・ガリガリを解消した方法|3つのアプローチ

太るための方法

こんにちは!

今回は【太りたい】痩せすぎ・ガリガリを解消した方法|3つのアプローチということでお送りします。

  • 「太りたい!」
  • 「体重増やしたい!」

という悩みをお持ちの人って意外と多いと思います。

私もそうです。

たくさん食べても太らず、いつまでたっても細身のまま。

  • 「人並みに食べてるはずなのに…」
  • 「なんで太らないんだろう…?」

と、かねがね思ってきました。

この記事では「体重、増やそう!」と一念発起した私が自分自身の体を使って色々研究した成果として、以下の3つのアプローチをご紹介させていただきたいと思います。

体重を増やす3つのアプローチ
  1. 一回の食事量(カロリー)を少しずつ増やす
  2. 食事の回数を増やす(間食をする)
  3. 胃腸の働きを整える

これらのことを生活に取り入れた結果、少しずつですが体重が増加し始めました。

同じ悩みを持った方のお役に立てばと思います。

それではどうぞ!

1.一回の食事量(カロリー)を少しずつ増やす

まずはアプローチ一つ目『一回の食事量(カロリー)を少しずつ増やす』です。

まずはカロリー計算をしてみよう

細身の人というのは一日の摂取カロリーがそもそも足りていないことが多いです。

一日に必要なカロリーは性差・個人差あると思いますが、だいたい

  • 2000~2400kcal

とされています。

やせ過ぎを気にされている方は、まずは普段の食事を思い出してざっくりとでも良いのでカロリー計算をしてみてください。(食材のカロリーは検索すればだいたい出てきます。)

どれくらい足りていないのか把握できるはずです。

私の場合も、やはりカロリーが全然足りていなくて

「こりゃ痩せるわ」

となりました。

当然ですが、太るためには一日の摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければいけません。

そのために『一回の食事量(カロリー)を少しずつ増やす』というアプローチが必要です。

消化器官への負担と血糖値の問題

ただし、このアプローチには次の問題点があります。

  • たくさん食べても消化しきれない
  • 消化器官に負担がかかる
  • 血糖値が上がり過ぎて眠くなる

ということです。

そもそもやせ型の人は消化器官が弱いことが多いです。

たくさん食べてもそれを栄養として十分に取り込めないのです。

だからこそ人並みに食べているように思えても痩せてしまうんですね。

また、たくさん食べすぎると血糖値が急上昇します。

これが原因で食べた後に眠くなる、だるくなるということも起きます。これは避けたいですよね。

ここをクリアするために、次のアプローチに参りましょう!

2.食事の回数を増やす(間食をする)

やせ型の人は、一回の食事量を増やしても消化器官が弱いため栄養を十分に取り込めていないことが多いのでした。

そこで『食事の回数を増やす(間食をする)』という手段が有効になってきます。

間食のメリット

小まめにちびちびと食べることで

  • 消化吸収効率を高める
  • 一日の摂取カロリーを上げる
  • 空腹の時間を減らす

ということが実現できます。

私の場合、幼いころ聞いた

「おやつを食べるとご飯が食べられなくなる」

という教えを最近になるまで頑なに守り続けてきましたので(笑)、お腹がかなり空いていても我慢してきました。

空腹の時間が長いと、その間に痩せます。

間食のデメリット

食べる回数を増やすアプローチで気をつけるべきことは、消化器官を疲れさせ過ぎないということです。

食べ物を食べると胃腸がはたらきます。

間食をするということは、

  • 食べ物を消化する時間が長くなる
  • 胃腸が休む時間が短くなる

こととなるので、結果として消化器官が疲れやすくなります。

やせ型の人はもともと消化器官が弱いことが多いので、なおさら気をつけないといけないですね。

私も間食を始めたばかりのことはこのあたりの匙加減が分からず、胃が重く感じたりしていました。

この課題をクリアするために、次のアプローチに参りましょう!

3.消化器官(胃腸)の働きを整える

体重を増やす3つのアプローチ、最後は『消化器官(胃腸)の働きを整える』です。

繰り返しになりますが、やせ型の人は消化器官が弱いことが多く、たくさん食べる、何度も食べるといったことが胃腸の負担になりやすいです。

最後のアプローチでは、胃腸に優しい食べ方、習慣をご紹介します。

消化の良い食べ物を選ぶ

まずは消化の良い食べ物を選びましょう。

油は消化に力がいるので、カロリーが高いからと言って揚げ物をたくさん食べるのは避けたいですね。

バナナ、プテインパウダーがおすすめです。

発酵食品で腸内環境を整える

発酵食品は腸内環境に良い影響を与えると思います。

定番はヨーグルトでしょうか。

色々試してみてご自身の体に合うものを選びましょう。

私の場合は明治のブルガリアヨーグルトが一番お腹に合うようです。

食物繊維で腸内環境を整える

腸内環境を整えるのには食物繊維も有効です。

食物繊維自体は消化されづらいので、摂れば摂るだけ良いというものではありませんので注意です。

お腹を冷やさない

私は特に内部からお腹を冷やさないように心がけています。

具体的には冷たい飲み物、食べ物を避けるようにしています。

飲み物は基本的に水ではなく白湯

冷蔵庫から出したばかりの食材を食べるときは、電子レンジで軽く温めてから食べるようにしています。

バナナやヨーグルトを食べるときもやります。500W/30秒くらいで冷たくない程度になります。

腹筋をする

腹筋を鍛えると腸の働きが良くなる気がします。

痩せすぎの人はお腹周りの筋力が落ちていることでも消化器官の働きが悪くなっていることがあるようですよ。

セロトニンも出て気分も爽快です。

毎朝の憂鬱への対策
毎朝の憂鬱・つらい気分への対策・解消法!|朝起きられない人にこんにちは! 今回は、『毎朝の憂鬱・つらい気分への対策・解消法!|朝起きられない人に』ということでお送りいたします。 こんな...

プチ断食を取り入れる

どんなに消化が良いものを食べていても、やはり働かせすぎると胃腸が疲れてきます。

そこで定期的に「プチ断食」を取り入れ、胃腸を休ませるようにしています。

断食と言っても大げさなものではなく、

「この日の午前中は間食をやめよう」

という感じで、胃腸が空の時間帯をあえて作るというものです(水・白湯は飲みます)。

当然お腹が空くのですが、胃腸の疲れが取れ、なんとなく全身元気になります。

各々の体調に合わせて取り入れたり、時間を調整してもらえばと思います。

胃薬を飲む

どうしても調子が悪いときには薬に頼るのも手です。

これは最後の手段になるので、ここまでなってしまわないように気をつけるのがまずは大切ですが…。

私の場合はたくさん食べるように意識し始めた頃、どうしても胃が重たくなって漢方胃腸薬を飲んだりしていました。

まとめ:【太りたい】痩せすぎ・ガリガリを解消した方法|3つのアプローチ

それではまとめです!

  • 「痩せすぎを何とかしたい!」
  • 「太りたい!」

そんな方におすすめするアプローチをまとめます。

体重を増やす3つのアプローチ
  1. 一回の食事量(カロリー)を少しずつ増やす
  2. 食事の回数を増やす(間食をする)
  3. 胃腸の働きを整える

できることろから少しずつ始めるのでも良いので、是非日々の生活に取り入れてみてください。

ご健闘をお祈りしております。

それではまた!

ABOUT ME
えすた
えすたです! ちょっぴり面白くてまあまあためになる記事を書きたいと思っています!