お出かけ

北海道東日本パスで東北一周旅行! 観光地&ルート&日程まとめ

こんにちは!

大学生まで一人で電車に乗ったことがなかったド田舎出身の筆者です!

なんやかんやで今では鉄道を利用した一人旅が好きになり、ちょっとばかり詳しくもなってきました。

ただし鉄オタと呼べるほど詳しくはないですけどね。オタクよりの一般人を自称しています。

今回は2019年3月に行った「北海道&東日本パスで行く東北一周旅行」の記事になります。

行程、ルート、訪れた観光地、宿泊地についてざっくりとまとめたいと思います。

「北海道東&日本パス」を利用してどこかに行きたいけど、どこを訪れたら良いか分からない!

ルート考えるのがめんどくさい!

そんな人の参考にしていただければと思います。

それではどうぞ!

Contents

予備知識:北海道&東日本パスは連続7日間有効

念のため確認です。

今回利用する北海道&東日本パスは、ざっくりいえば北海道と東日本の鉄道が連続7日間乗り放題になるという切符です。

今回の旅行の日程もそれに合わせて7日間となっています。

青春18きっぷの東日本バージンとよく言われますね。

大きな違いは

  • 有効期間が連続7日間
  • 一部の第3セクター(今回の旅行だとIGR岩手銀河鉄道と青い森鉄道)も乗り放題

ということですね。

青春18きっぷと同じく特急や新幹線には乗れません。

快速には乗れるので、リゾートしらかみのような全席指定の列車にも乗ることができます。

0日目:東京~会津若松@夜行バス

当時東京に住んでいた筆者。ここから旅は始まります。

東北一周の前夜、会津若松行の夜行バスを利用することにしました。

nasu_kogen夜行バスの休憩で降り立った那須高原SA。非常に寒かった

いきなり鉄道ちゃうやんけ! というツッコミを受けそうですが、これにはちゃんとした理由が。

それは…東北はでかい!ということ。

今回7日間の日程で臨みましたが、それでも東北全県を回り切るのは大変なのです。

当初は東京から東北本線で福島県を目指すルートを考えていたのですが、それだと1日目の半分くらいは関東地方を移動することになってしまいます。

東北を満喫したい! というのが今回のコンセプトにあったのと、会津若松は是非行程に組み込みたいと思っていたので夜行バスを利用することにしました。

翌朝、1日目は福島県会津若松からスタートです!

1日目:会津若松~郡山~福島~仙台

それではいよいよ「北海道&東日本パスで行く東北一周旅行」のスタートです!

会津若松に到着

1日目のスタートは前述の通り会津若松。午前中はこのエリアを観光して過ごします。

aizu_no_asa遠くに見える山並みが見知らぬ土地に来たんだなあと思わせます。

会津若松で訪れたスポットや食べたもののリストです。

  • 鶴ヶ城
  • 御薬園
  • 飯盛山
  • さざえ堂
  • ソースカツ丼(おいしい)
  • 七日町
  • しんごろう(おいしい)

会津若松エリアはかなり充実していておすすめです!

tsuruga_jho会津のシンボル鶴ヶ城

会津若松→(磐越西線)→郡山

会津若松からは磐越西線に乗って郡山へ。東への移動です。

北海道&東日本パスが火を噴くぜ!

hokkaido_higashinihon_pass火を噴きます。

郡山駅で途中下車しました。

koriyama_sta.郡山駅で途中下車

乗り換えの待ち時間で街をうろついたり。

asaka_kunitsuko_jinja安積国造神社(あさかくにつこじんじゃ)
okame神社にありました。怖すぎる。

郡山→(東北本線)→福島

郡山から東北本線で北上。福島駅で途中下車し晩ご飯です。

こうやって途中下車しながらご飯を食べるのも鉄道旅行の楽しみです。

名物の円盤餃子にしようかと思いましたがありつけず。

地元民のお店っぽいところでラーメンを食べました。

ra-men結局餃子食べてる! これは普通のぎょうざっぽいですね。

福島→(東北本線)→仙台

さらに北上。今回の目的地となる仙台駅です。

ここで宿泊しました。

2日目:仙台~女川~一関~平泉~盛岡~八戸

sendai_sta.仙台駅。始発でGO!

2日目です! 宿泊した仙台からまずは女川へ。

最終的には岩手県を縦断して青森県・八戸を目指します!

仙台周辺は特に観光なし。先を急ぎます。

仙台→(東北本線)→(仙石線)→(石巻線)→女川

まずは女川へ。

東日本大震災大震災による津波の被害を受けた地域ですが、新しくなりつつありました。

onagawa_sta.新しくなった女川駅。温泉施設も併設されています。

市場近くの食堂で朝っぱらから海鮮丼が食べられると聞き始発で来てみました。

…が、嵐による視界の悪さもあって見せを見つけるのに手間取り(市場の事務所的なビルの中にありました。)、朝食のラストオーダーの時間に間に合わず。

そのお店で優雅に朝海鮮丼をキメるという計画は頓挫。

他のお店を探すも朝早すぎてどこも開いておらず。

すごすごと退散しました。

でも新しくなりつつある女川の姿を見られて良かったと思います。

次来るときは是非海の幸を堪能したいですね。

予定を変更して岩手県・一関へ向かいます!

女川→(石巻線)→小牛田→(東北本線)→一ノ関

石巻線を引き返し、小牛田(こごた)を経由して一ノ関へ。

朝に海鮮丼が食べられなかったのでここで朝食兼昼食を食べようというわけです。

調べてみるとなんでもモチ料理なるものがあるとのことで…。

mochi_cuisine名物のモチ料理

これは美味しかった!

観光地としてはそれほどメジャーではないかもしれませんが風情のある良い町でしたよ、一ノ関。

一ノ関→(東北本線)→平泉

hiraizumi_sta.平泉駅。ちょっと渋いデザイン。

続いては世界遺産で有名な中尊寺のある平泉へ。

  • 中尊寺(金色堂)
  • 毛越寺

など、浄土思想を表現した遺産群を訪れました。

平泉→(東北本線)→盛岡

さらに北上。

岩手県の県庁所在地である盛岡に到着です。

晩御飯を食べましょう!

jaja_menじゃじゃ麺。初めて食べましたがこれは美味しい。

じゃじゃ麺です。寒い季節はこれで決まり。

とても美味しい。

盛岡→(IGR岩手銀河鉄道線)→(青い森鉄道線)→八戸

yuki移動中雪が降ってきました。

本日の宿泊場所は青森県・八戸

後の行程の関係でここまで進む必要があるのです。

hachinohe_sta.八戸駅に到着! 長かった…。

 

駅前も一面真っ白です。

hachinohe_ekimae八戸駅前

無事にたどり着いたところで2日目はここまで!

宿泊します。

3日目:八戸~鮫~大久喜~青森~弘前

3日目は八戸からスタート。

本当は大湊線で大湊まで行き、そこから本州最北端の地・大間崎まで行ってみたかったのですが…。

寝坊してしまいました。よって予定変更。種差海岸に行ってみることにしました。

結果的にですがとても良かったです。下北半島は3月はまだオフシーズンみたいですしね。(恐山が閉山してたりする。)

八戸→(八戸線)→鮫

前述の通り寝坊のため始発で下北半島の北端・大間崎まで行くというプランはおじゃん。

代わりにどこかいいところないかな~と思って見つけたのが種差海岸とその周辺のトレイルコース、「みちのく潮風トレイル」です。

出発は八戸線の鮫駅。

same_sta.鮫駅

鮫→(みちのく潮風トレイル)→大久喜

鮫駅からはみちのく潮風トレイルを歩いて行きます。

michinoku_shiokaze_ trail途中には看板が。なかなか良いデザインです。

さまざまな景色を堪能しながら歩きます。

tanesashi_kaigan種差海岸

大久喜駅までたどり着きました。

okuki_sta.大久喜駅

だいたい5時間くらい歩きましたかね。楽しかった!

大久喜→(八戸線)→(青い森鉄道)→青森

大久喜からは八戸線で再び八戸へ。

青い森鉄道に乗り換えて青森駅を目指します。

到着、青森駅で下車。

夕飯は悲願の海鮮丼じゃっぱ汁を食べました。

jappa_jiruじゃっぱ汁。おいしい。

青森→(奥羽本線)→弘前

夕飯後はさらに移動。

3日目は弘前に宿泊しました。

4日目:弘前~秋田

4日目は青森県・弘前からスタート!

午前中は弘前観光。

そして午後は五能線・リゾートしらかみに乗車します!

弘前で訪れた観光スポット

この日の午前中は弘前観光。

朝もかなりのんびりと過ごしました。

breakfastホテルでのんびり朝食を。

 

0~1日目は夜行バス、2日目は始発、3日目も寝坊したものの朝早かった(予定では始発)ので真ん中の4日目にのんびり過ごす日を作っておいたのです。

弘前で訪れたのは次のスポット。

  • 明治のハイカラな建物群
  • 寺町
  • フレンチ(@ポルト・ブランさん)
  • 弘前城
  • 岩木山を見る
iwakisan弘前城から眺める岩木山。

弘前エリアはかなり見どころ満載です。

江戸時代からあるお寺や城、そして明治時代の建物が同居していて面白い雰囲気なのです。

食べ物もおいしい。

弘前→(五能線)→秋田@リゾートしらかみ

午後のメインイベントは絶景で知られる五能線に乗ること!

観光快速列車「リゾートしらかみ」の席もバッチリ押さえておきました!

risort_shirakamiリゾートしらかみ号

秋田駅に到着。4日目はここに宿泊します。

akita_sta.ようこそ秋田へ!

5日目:秋田~田沢湖~角館~横手~新庄

5日目!

「北海道&東日本パスで行く東北一周旅行」も後半戦です。

なかなか盛りだくさんな日になりました。

秋田→(奥羽本線)→大曲→(田沢湖線)→田沢湖

まずは田沢湖駅へ。乳頭温泉に行ってみます。

田沢湖線は普通列車の本数が少なくて移動に苦労します。

sashimaki_sta.田沢湖線の刺巻駅。雪化粧がきれいです。
tazawako_sta.田沢湖駅
nyuto_onsen雪に埋もれた乳頭温泉

田沢湖→(田沢湖線・秋田新幹線)→角館

お次は北陸の小京都、角館へ。

北海道&東日本パスでは秋田新幹線には乗れませんが、どうしても良い時間の列車がなかったので新幹線を利用しました。

快適!!!!!

akita_shinkansen秋田新幹線

角館は重伝建にも登録されている武家屋敷群がみどころ。

bukeyashiki武家屋敷

思いの外充実しており満足度の高い観光地だと思いました。

角館→(田沢湖線)→大曲

omagari_sta.大曲駅

田沢湖線を引き返して大曲へ。

とくに観光の予定があったわけではありませんが、待ち時間があったので降りてみました。

hanabi大曲は花火が有名

あとは小腹が空いたのでスーパーでバター餅を買って食べるなど。

大曲→(奥羽本線)→横手

さらに南下。南下していくということはこの度も後半なんだなあと改めて気づかされます。

横手にて下車。は秋田県に2番目に人口の多い自治体。

焼きそばかまくらが有名。

yakisoba焼きそばを食べました。満腹。

オーソドックスな横手焼きそばとは違う感じですが美味しかったです。

ご飯は「若いから」と言ってサービスしてもらっちゃいました。ありがとうございます!

テレビではBリーグのノーザンハピネッツのニュースが流れていて、秋田を感じました。

横手→(奥羽本線)→新庄

5日目の宿は新庄に取りました。

ここから山形県に入ります。

6日目:新庄~山寺~山形~米沢~新潟

6日目です!

本日は山形県をメインに観光。

そして新潟県を目指します!

新潟は東北じゃないって? せっかくだから足を伸ばしてみたかったのです。

新庄→(奥羽本線)→羽前千歳→(仙山線)→山寺

まず目指すのは立石寺。最寄り駅はその名も山寺です。

yamadera_sta.山寺駅から立石寺に向かう。

山寺芭蕉記念館にも行きました。

山寺→(仙山線)→山形

立石寺を見た後、仙台方面からやってきた列車に乗車。

もうそこまで南下してきたんですね…!

山形駅では特に観光せず。

待ち時間を利用してお土産売り場を物色してゆきます。

まずは味ささ。笹かまぼこです。

宮城県の名物ですが、今回ほぼスルーしてしまったのでここで味わいます。

ajisasa味ささ

ゆべし。ぎっしりと密度の高いお菓子です。

モチ米であんこが包んであるのかな?

chimakiゆべし

ラストは…さくらんぼクリーム大福。贅沢な味わい。

dolceさくらんぼクリーム大福

もう時間はお昼ごろでしたがここでがっつり食べ過ぎるわけにはいかなかったのです。

その理由は…?

山形→(奥羽本線)→米沢

niku

いや~なんか肉が食べたい気分ですね~!

と思っていたらなんと米沢牛が食べられるお店が!

食べます!

うまい!!

上杉神社にも行きました。

uesugi_jinja上杉神社

米沢→(米坂線)→坂町→(羽越本線)→新潟

yonesaka_sen米沢駅にて

米沢からは米坂線を利用して坂町を経由、新潟を目指します。

絶景路線としては只見線が有名ですが、今回乗った米坂線もなかなかだと思いました。

かなり山深く分け入っていく路線です。

景色良かったのですがあまり写真が無く…。

tenoko_sta.米坂線手ノ子駅

景色の写真ではないのですが山深い地域の雰囲気は伝わりますかね。

6日目は新潟に宿泊です。

7日目:新潟~弥彦~燕三条~東京

いよいよ最終日です!

どこへ行こうか迷ったのですが、とりあえず山に登ることにしました。

新潟→(越後線)→吉田→(弥彦線)→弥彦

keijiban電光掲示板。鳥居のマークがかわいい。

弥彦山を目指し、最寄り駅の弥彦駅へ。

弥彦山には越後国一之宮である弥彦神社があります。

弥彦神社は地元の方からは「おやひこさん」などと親しまれているみたいです。

yahiko_sta.弥彦駅

弥彦山は日本海に沿ってグッとせりあがった独特の地形で、登ると日本海や佐渡島が良く見えるのです。

…晴れた日には。

ででーん!

whiteいや~これが佐渡島かぁ

天気はイマイチでしたが山登り自体は楽しめました!

machi反対側はわりと見えました。
yahikoyama無事登頂! 弥彦山

弥彦→(弥彦線)→燕三条

下山後、燕三条へ。

山登った後はラーメンです!

背脂と玉ねぎのトッピングが特徴的な? 燕三条ラーメン

(燕と三条っていっしょくたんにしたら怒られるんでしたっけ? でもよくわかってません)

ra_menラーメン

うまいから良し!!!

濃厚スープが登山で疲れた体に沁みます。

燕三条→(上越新幹線)→東京

ホッと一息ついたところで新幹線で帰ることにしました。

当初の予定では越後湯沢で温泉にでも入ろうかと思ったのですが…。

この日土曜日だったので混んでそうだと思いやめました。

また在来線で越後湯沢まで移動するのがさすがに億劫になったというのもあります。

かなり時間かかるんですよね。新潟って広いね。

疲れもありますし、ほぼ全部の行程が終わったことで緊張の糸が解けたのかもしれません。ちょっと頑張る気になれませんでした。

(今思えば湯檜曾あたりのループ線に乗ってみたかった気もします。)

と言うわけで、帰ります!

(新幹線では爆睡)

まとめ:「北海道&東日本パスで行く東北一周旅行」

それではまとめです!

「北海道&東日本パスで行く東北一周旅行」はざっくり次のような行程でした。

  • 0日目:東京→会津若松@夜行バス
  • 1日目:会津若松→仙台まで移動
  • 2日目:仙台→女川→一ノ関→平泉→盛岡→八戸
  • 3日目:八戸→青森→弘前
  • 4日目:弘前観光→(リゾートしらかみ)→秋田
  • 5日目:秋田→田沢湖→角館→新庄
  • 6日目:新庄→山寺→山形→米沢→新潟
  • 7日目:新潟→弥彦→燕三条→東京

北海道&東日本パスで東北一周旅行をしてみたい人の参考になればと思います!

それではまた!

ABOUT ME
えすたわ
どうも学ぶこと、人に教えることが好きだと自覚し始めた今日この頃。 何か一つでも知的なひらめき持ち帰っていただけるブログにしていけたらいいな。