お出かけ

【愛媛県】鉄道で四国一周したので観光地を紹介&評価してみました

dougo-onsen-honkan

旅行のスケジュールを立てるのって難しいですよね。

せっかくの旅行なのだから、あちこち見て回りたい。

しかしどこかを観光すると時間の都合とかでどこかは諦める必要が出てきます。

あるいは、さらっと見ていくつもりだったのに、思ったよりボリュームがあって時間が足りない! ということもあるかと思います。

どこを見て、どこを諦めるかというのはなかなかの悩みどころではないでしょうか。

というわけで今回は、この間四国を一周してきた私が、実際に立ち寄った観光地を紹介&評価してみようと思います!

四国旅行の予定を立てるときの参考になればと思います。

今回は【愛媛県】編になります。それではどうぞ!

※今回はスケジュールの都合上、愛媛県の観光が少なめになってしまいましたが、おいおい追記していけたらと思います!

宇和島のグルメ(おすすめ度 ☆☆)

愛媛県南部、南予地方の中心都市宇和島。

宇和島城を中心に発展してきた城下町であり、闘牛でも有名です

そんな宇和島の名物は鯛めし。愛媛県の魚でもある真鯛。漁獲量も多いです。

四国には地域により調理法の異なる様々な鯛めしがありますが、宇和島の鯛めしはお刺身タイプ

鯛の刺身を醤油ベースのタレにくぐらせ、ご飯に乗せて食べるというスタイルです。

というわけで宇和島の鯛めし、いただきます! と思ったのですが、なぜか直前で気が変わってさつまをオーダー。

さつまという料理は九州地方にもあった気がしますが、今回食べるのはもちろん伊予さつまです。

焼いた魚を味噌と合わせてすりつぶしたものをだし汁で伸ばし、そこにお好みで薬味を入れ、ご飯にかけて食べるというものです。

味噌の香りが香ばしく、非常に素朴な味。栄養たっぷりの感じがすごいです。

satsuma

手前にあるのはこれもまた南予の名物、じゃこ天です。

魚のすり身を丸めて油で揚げたものです。

皮や骨まで一緒にすりつぶすため栄養満点。食感も力強い歯ごたえがあって野趣に富んだ風味です。

  • 宇和島に来たら南予地方の名物料理を食べよう
  • 鯛めし、さつま、じゃこ天!
  • 四国は全体的に魚がうまい

道後温泉(おすすめ度 ☆☆☆)

やはり愛媛と言えば道後温泉

街の中心部から路面電車に乗れば20分程度で道後温泉駅に到着です。

dogo-onsen-station

駅から歩いてすぐのところには坊ちゃん時計。レトロな趣が良い感じ。

すぐ近くには足湯があります。

bocchan-clock

こちら道後温泉本館

当時(2019年11月)は保存修理のため工事中でしたが、神の湯という一番スタンダードな浴場は利用できます。

霊の湯(たまのゆ)という上級クラスの浴場と各休憩室が利用できなくなっていました。工事が終わるのが待ち遠しいですね。

dogo-onsen

また、飛鳥乃湯(あすかのゆ)と言う別館でも温泉が楽しめるようです。

こちらは道後温泉が日本最古の湯と呼ばれ、飛鳥時代の伝承が残ることにちなんだ浴場で、飛鳥時代の建築のデザインが取り入れられているそうです。

道後温泉と言えば本館ですが、ハシゴしてみるのも楽しいかもしれませんね。

観光案内所には温泉むすめが。道後和海(どうごいずみ)ちゃんです。かわいい。

dogo-izumi

彼女の推し神はスクナヒコナ(少彦名)。オオクニヌシと共に国作りに関わったちっさい神さんです。もちろん道後温泉の逸話にちなみます。渋いところを突いたな。

  • 愛媛県と言えば道後温泉!
  • 歴史を感じる道後温泉本館 夏目漱石『坊ちゃん』にも登場
  • 飛鳥時代の様式を取り入れた飛鳥乃湯をハシゴするもよし

道後温泉周辺の寺社巡り(おすすめ度 ☆)

道後温泉周辺には神社がたくさんあります

由緒とかはあまりチェックできていませんが、当然温泉に縁のある社もあります。

こちらは伊佐爾波(いさにわ)神社へ続く石段。

式内社でなかなか立派でしたよ。

神社好きの方は是非訪れてみてください。

isaniwa-jinja
  • 道後温泉の周辺には神社が点在
  • 石段が多いので、こちらで汗をかいてから温泉へ行った方がいいかも
  • 2019年11月現在、本館は保存修理中! ですが神の湯だけでも十分楽しめます

まとめ:【愛媛県】鉄道で四国一周したので観光地を紹介&評価してみました

それでは【愛媛県】編のまとめです。

愛媛県と言えばやっぱり王道は道後温泉。ここはやはり中心に据えておきたいところです。

本館の風格ある建物でお湯につかり、坊ちゃんの世界観を偲びましょう。

南予地方の中心都市、宇和島も捨てがたい。鯛めしやじゃこ天などグルメも豊富です。

まだ私自身は行けていませんが、別子銅山や宇和町・内子の重伝建も興味深い。

行く機会が訪れるのを待ちたいと思います。

それではお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
えすた
えすたです! ちょっぴり面白くてまあまあためになる記事を書きたいと思っています!