快適に暮らす

【一人暮らし向け】鯖を使った簡単料理レシピ|短時間で意外に美味しい

鯖を使った簡単料理レシピ
  • 「鯖っておいしい! 好き!」
  • 「でも一人暮らしだし手間も時間も掛けたくない」
  • 「あと洗い物に臭いが残るのが嫌だなあ」

こんな方に向けた記事です。

こんにちは!

自炊では「コスト」、「面倒くさくない」、「ほどほどにヘルシー」、「まあまあ美味しい」を志向しているえすたです。

鯖、とても美味しいんですけど調理がネックですよね。

という訳で今回は、

  • とにかく簡単
  • 洗い物に臭いが残りにくい
  • 短時間でできる
  • 身がふっくら仕上がって美味しい

という鯖のレシピをご紹介します。

ではいってみましょう!

鯖を使った簡単料理レシピの材料と調理器具

まずは材料です!

材料
  • 鯖の切り身(塩鯖、昆布鯖など味の付いているもの)
  • 野菜類(サバと相性が良さそうなもの)

続いて必要な調理器具です。

調理器具
  • 蒸し器(百円ショップとかにあります)
  • 包丁
  • まな板
  • 電子レンジ

以上です!

蒸し器というのは、


イメージとしてはこんなやつですが、百均ので全然OKです!

鯖に合いそうな野菜として私が良く使う鉄板食材は、

  • ねぎ
  • 大根
  • 生姜

です。

あとは玉ねぎとかセロリとか、洋風の野菜も美味しいです!

鯖を使った簡単料理レシピの手順

それでは手順を解説します!

  1. 野菜類を食べやすい大きさに切る
  2. 鯖、野菜を蒸し器に入れる
  3. 電子レンジ(500W)にて3分蒸す

これにて完成!

鯖をフライパンとかで焼くと時間かかるので楽です。(火の通りは一応確認してね。)

鯖を使った簡単料理レシピの味

ここまで読んで、

「それって美味しいんですか?」

と思われたかもしれません。

大丈夫です、美味しいと思います。

「鯖を蒸すって! 生臭そう」

分かります。私も食べてみる前はそう思っていました。

「鶏肉とか白身魚ならアリだけど…鯖?」

みたいな感じですね。

ところが、やってみると意外にも生臭さが無いんですよね。

むしろ身がふっくら瑞々しく仕上がって美味しいのです。

正直、自分でも意外な美味しさでした。

「味薄くない?」

そうですよね、味付けしてませんもんね。

好みの問題かもしれませんが、鯖にもともとついている塩味だけで全然大丈夫でした。

鯖と野菜を一緒に食べる感じです。

物足りない方はポン酢など掛けて食べると良いと思います。

こんなに薄味なのに玄米と合うんですよね。不思議。

鯖を使った簡単料理レシピのポイント

手順的には以上なのですが、いくつかポイントがありますので解説しておきます。

ポイントというのは蒸し器に入れる順番です。

ポイント1.野菜で鯖を挟むこと

こんな感じにしてください。

上:野菜2

中:鯖切り身

下:野菜1

野菜で鯖を挟むことで、鯖の水分が失われにくくなる気がします!

ポイント2.鯖の下に脂を吸いそうな野菜を敷くこと

先の図で、「下:野菜1」は脂を吸いそうな野菜にすることがポイントです。

一番おいしいのは長ネギの薄切りですね。

これにより、

  1. 体に良い鯖の脂を残さず回収できる
  2. 蒸し器に鯖の臭いが付きにくい

という2つのメリットが得られます。

玉ねぎも下に置くと脂を吸って美味しいのですが、火の通りが悪いと辛い場合もあるので注意です。

ポイント3.火の通りにくい野菜は上に配置すること

反対に「上:野菜2」は火の通りにくい野菜を配置します。

電子レンジの場合、上の方が加熱されやすいからです。

大根とかを配置します。

蒸した大根は意外にも?美味しいです。

まとめ:鯖を使った簡単料理レシピ

まとめです。 レシピを振り返ります!

  1. 野菜類を食べやすい大きさに切る
  2. 鯖、野菜を蒸し器に入れる
  3. 電子レンジ(500W)にて3分蒸す

これだけでおいしく鯖をいただけます。

身がふっくら仕上がりますし、短時間で調理するので栄養のロスも少なそうです。

「鶏肉でも良くない?」

と思ったそこのあなた! 鶏肉でも美味しいです!

おしまい。

ABOUT ME
えすた
えすたです! ちょっぴり面白くてまあまあためになる記事を書きたいと思っています!