ライフスタイル

集中力が持続する! ポモドーロ・テクニックのやり方・効果・コツ

こんにちは!

今回は、集中力を持続させるための手法、ポモドーロ・テクニックについて紹介したいと思います。

集中力、高めたくないですか?

集中力を高めることで仕事でも、プライベートでも短い時間でやりたいことをできるようになると思います。

毎日が充実しそうですよね。

この記事ではポモドーロ・テクニックの、

  • やり方
  • 効果
  • コツ

について解説しています。

実際にポモドーロ・テクニックを実践してみての内容ですので、お役に立つ内容になっているかと思います。

それではどうぞ!

ポモドーロ・テクニックのやり方

それでは早速、ポモドーロ・テクニックのやり方について紹介していきたいと思います。

ポモドーロ・テクニックは

作業(25分)→休憩(5分)→作業(25分)→…

というサイクルを繰り返すというものです。

それだけ。

(本当はこのサイクル4回=2時間ごとに長めの休憩を取るみたいですが、今回は割愛します。)

これだけで集中力が全然違うのです!!

ポモドーロ・テクニックを実際にやってみた! 効果は?

それでは次に、このポモドーロ・テクニックを実際に取り入れてみての感想をまとめたいと思います。

実感した効果①:集中力が高まる&持続する

まず第1の効果は、集中力が高まる&持続するというもの。

これがそもそもの目的だったので、効果が実感できて満足です。

そもそも、集中力の持続という点に関しては、長時間(数時間)に渡って集中しよう、というのが無理なんですよね。

集中力は有限です。休憩を挟まないとすぐに消耗してしまいます。そういうものだそうです。

なので、時間を区切って作業と休憩を繰り返、というのが有効なんだろうなあと思います。

また、集中力そのものも高まります。

テストとか受けていると、残り5分になってから急に集中力が増してパフォーマンスが上がる経験ってされたことがあると思います。

火事場の馬鹿力というか、やっぱり人間追い込まれると頑張るんですね(笑)。

ポモドーロ・テクニックでは作業時間が25分と短く区切られているので、その間にできるだけ作業を進めようという気持ちで作業に臨めます

結果、集中力が高まることに繋がったのだと思います。

実感した効果②:時間管理がしやすい

ここからはポモドーロ・テクニックの副次的な効果になるかと思います。

2つ目の効果は時間管理がしやすいこと。

作業(25分)+休憩(5分)=30分なので予定の見通しが非常に立てやすいのです。

「あ、1時間くらい時間があるから2ポモドーロ回せるな」ってな感じです。

ちょっとしたスキマ時間に作業に取り組むことで1日全体での生産性アップに繋がるかと思います。

また、ポモドーロ何回分という感じで、1つの作業を終わらせるのにかかった時間を把握・記録できるのも良いと思いました。

例えば、今はブログを1記事書くのにポモドーロ4回分かかってるけど、3回分で書けるようにしたい、というような目標設定にも使えそうです。

実感した効果③:休憩時間を有効利用できる

効果の3つめは休憩時間を有効利用できるということです。

ポモドーロ・テクニックでは1サイクルごとに5分間の休憩時間があります。

作業内容がデスクワークだと仮定すると、この休憩時間は頭を休めてさえいればよくて、必ずしもじっとしていて肉体を休めておく必要はないのですね。

この時間を何か別のことに使うわけです。

私の場合だとこの5分間を利用して家事をやったりしています(お家での作業の場合)。

やり慣れている家事ならば特に脳みそを使わなくてもできるので、手を動かしていても休憩になっているのです。

休憩時間の有効利用方法については後述します!

ポモドーロ・テクニックのコツ:時間が来たら途中でも作業を止めること

ポモドーロ・テクニックのコツは、時間が来たら途中でも作業を止めることです。

ポモドーロでは作業時間は25分間。

でもこの間に「キリの良いところまで進まなかった!」ということもあり得ますよね。

ここで「もう少しやってから!」という気持ちを抑え、休憩に入るのがポモドーロのコツとなります。

なぜなら、25分過ぎて続けると集中力が低下した状態で作業することになってしまうからです。

自分にそのつもりはなくても、集中力はすり減っていきます。

時間を超過して進めると効率が落ちたり、ミスが増えたりすることに繋がるので、時間が経過したら休憩を入れるのが大切です。

作業途中で休憩に入ったとします。

すると新たなメリットが生まれます。

それは休憩後、作業に復帰しやすいということです

お家で作業していると、「休憩後に長時間だらだらしてしまった」ということになりがちですよね。

休憩前に中途半端な作業を残しておくことがその対策となります。

仕上げてしまいたい気持ちを作業復帰へのモチベーションにできるということですね。

ポモドーロの休憩時間の有効な利用方法

最後にポモドーロの休憩時間の有効な利用方法についてまとめておきたいと思います。

休憩時間の利用法1.家事をする

先に少し触れた通り、デスクワークの場合だと休憩の目的は脳を休めることになります。

やり慣れている家事ならば集中力をあまり消費せずに済みますよね。

具体的には、

  • 洗濯物を干す(ドラム式洗濯機にしたい…)
  • 皿を洗う
  • 掃除機をかける
  • 風呂・トイレの掃除

などをやることにしています。

これらをスキマ時間に済ませてしまうことで、わざわざ家事のために時間を割かなくても良くなります。

体を動かすことにもなるので、次に述べるアクティブレストの効果もあるかもしれません。

休憩時間の利用法2.アクティブレスト

2つ目はアクティブレストです。

これは軽く体を動かしながら休憩することです。

休憩なのに体を動かす? と思うかもしれませんが、これによって血行を促進し、脳に血流を行きわたらせることで休憩の効果がアップするそうです。

私はスクワットとかやってます。寒い季節は体も温まっていい感じ。

なかやまきんにくん推奨の「世界で一番浅いスクワット」なんかおススメです。

休憩時間の利用法3.ウェイクフルレスト

3つめはウェイクフルレストです。これは本当に完全な休憩。

やり方は簡単。休憩の間目を瞑っておく、これだけです。

視覚から入ってくる情報量ってやっぱり多いんですよね。

これを遮断することによって脳の疲れを回復させます。

読書などでインプットをしている最中の場合だと、記憶を定着させやすくする効果もあるみたい。

逆にスマホなんか見ちゃうと、脳が疲れるそうですよ。

まとめ:ポモドーロ・テクニックのやり方・効果・コツ

それではまとめです。

今回はポモドーロ・テクニックを紹介しました。

作業(25分)→休憩(5分)→作業(25分)→…

のサイクルを繰り返すやり方です。

実践してみて感じた効果は、

  1. 集中力が高まる&持続する
  2. 時間管理がしやすい
  3. 休憩時間を有効利用できる

の3点でした。

また3つめの休憩時間の有効利用に関しては、

  1. 家事をする
  2. アクティブレスト(体を動かす休憩)
  3. ウェイクフルレスト(目を瞑る休憩)

が有効だと思います。

ポモドーロ・テクニックを活用して、日々の生産性を高めていきましょう(意識が高い)!

お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
えすたわ
どうも学ぶこと、人に教えることが好きだと自覚し始めた今日この頃。 何か一つでも知的なひらめき持ち帰っていただけるブログにしていけたらいいな。