明石海峡
タップで巡る
ぼっちのための旅ブログ
歴史探訪

【神武東征のゴール】奈良県・橿原神宮|近鉄で行く奈良旅行(2021年8月)

橿原神宮

2021年8月、奈良に行ってきました。

今回の記事では橿原神宮(かしはらじんぐう)をご紹介します。

当時、ノリで高校日本史Bを独学していたのですが、その一環で(?)古事記もちらと読んだりしていて、興味が湧いたという感じです。

橿原は神武東征の最終地点として名前が日本書紀に登場し、日本建国の地としても知られます。

訪問履歴
  • 【1回目】2021年8月
  • 【2回目】未定

この日はこの後吉野にも行きました。

奈良県・吉野
【吉水神社がおすすめ】奈良県・吉野に行ってみた|後醍醐天皇と南朝奈良県の吉野に行ってみました。 奈良盆地の南東にあり、ここを起点とする大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は熊野古道の一つでもありま...

橿原神宮へのアクセスは近鉄橿原神宮前駅から

近鉄橿原神宮前駅

橿原神宮の最寄り駅は近鉄の橿原神宮前駅です。

[アクセス]

  • ルート…大阪難波駅→(近鉄)→橿原神宮前駅
  • 所要時間…約1時間
  • 運賃…700円

橿原神宮のある橿原市は奈良市から見ると南の方にあります。

奈良といえば平城京ですが、橿原の街はそれよりもさらに歴史深く、日本の原点とも言われたりします。とりわけ歴史が深そうなエリアです。

橿原神宮へは駅から5分程度歩くと到着します。(実際は道を間違えて30分くらい余分に歩きましたが…)

橿原神宮の様子

橿原神宮の鳥居

大きい鳥居。きれいですね。

橿原は大変歴史の深い土地ですが、橿原神宮自体は比較的新しい。創建は明治時代です。

古い神社は弥生とか古墳とか、そのくらいからその地にあることもあります。

一般的には(というか自分の経験上は)神話の神々が祀られている神社は古く、天皇をはじめ歴史上の偉人が祀られる場合には新しいことが多いです。

ここに祀られている神武天皇は神話と歴史時代の境目くらいの人物で、存在は伝説的です。

橿原神宮 橿原神宮

橿原神宮のご祭神【神武天皇】

橿原神宮

橿原神宮に祀られているのはカムヤマトイワレビコ=神武天皇、そしてその皇后のヒメタタライスズヒメです。

カムヤマトイワレビコについては、古事記や日本書紀におけるエピソードで有名なのが神武東征(じんむとうせい)

葦原中国(あしわらのなかつくに=日本のこと)を治めるために東へ向かうというお話です。

だいたいのルートは以下の感じ。(だいたいです)

  1. 高千穂(宮崎県)を出発、北上
  2. 瀬戸内海沿いを東へ向かう
  3. 一旦方向転換して南進
  4. 熊野(和歌山県)の山中を八咫烏(やたがらす)の案内で進む
  5. 吉野を通って宇陀(奈良県)へ抜ける
  6. 橿原宮にて即位し、神武天皇となる

最後に橿原という地名が出てきます。つまりここ橿原は神武東征のゴール地点ということです。

神武東征のルート上にはそれに関連した神社が残っているので、それをたどってみるのも面白いかもしれません。

橿原神宮の関連本

今回の関連本はこちら。

マンガで読める古事記です。

作画のテイストが濃くてやや読みづらいですが、日本神話は登場人物の名前が長くて覚えにくいため、絵で分かるのはとても良いです。

神話のストーリーや登場する地名、登場キャラの名前をぼんやり覚えておくと神社観光はより楽しめるようになると思います。

「これ古事記で見たことある!」みたいな。

この次に吉野に行きました

この日次の訪問場所、吉野の記事はこちら(【吉水神社がおすすめ】奈良県・吉野に行ってみた|後醍醐天皇と南朝)です。

奈良県・吉野
【吉水神社がおすすめ】奈良県・吉野に行ってみた|後醍醐天皇と南朝奈良県の吉野に行ってみました。 奈良盆地の南東にあり、ここを起点とする大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は熊野古道の一つでもありま...

さきほど神武東征のルートでも出てきた地名ですね。何かと由緒ある地です。