明石海峡
タップでたどる
旅行地図
登山・自然

【伊吹山は結構きつい】2回登ったので必要な準備・ポイントを解説【季節も大事】

伊吹山きついサムネイル
  • 「伊吹山に登るのってどれくらいきついんだろう?」
  • 「初心者でも大丈夫かな?」
  • 「登るとしたらどんな準備をしていったら良い?」

こんな疑問に答えます。

伊吹山はきついかどうかで言うと結構きついです。

この記事では登山初心者の方、伊吹山に初めて登る方に向けて、気をつけておくべきポイントを解説しました。

初夏(5月下旬)と秋(10月下旬)に2回登った経験を元に書いているので参考になると思います。

登山に大変さはつきものですが、あまりに大変すぎると楽しむこともできなくなっていしまいます。しっかり準備して存分に楽しめるようにしましょう!

>【日帰り登山】滋賀県・伊吹山|伊吹牛乳(とカレー)がうまい【日本百名山】

伊吹山登山は結構きつい【3つの理由】

伊吹山2合目~3合目

伊吹山登山は結構きついです。

私自身はなんだかんだ3年くらい登山経験があり、富士山にも登ったことはありますがそう思います。

理由は次の通り。

  • 山行時間が長い(6~7時間くらい)
  • 5合目くらいから木が生えてなくて日差しが強い
  • 終盤になるほど傾斜がかなりある

そんなわけで伊吹山に登る際にはしっかりとした準備が必要です。

登山初心者・初めての人が気をつけるべきこと

伊吹山7合目~8合目

登山初心者の方は何から準備して良いやら分からないと思いますが、最低限これらのポイントを押さえておきましょう。

  1. もっと難易度の低い山で練習しておく
  2. 登山靴は必要
  3. 帰りのバスの時間は必ずチェック

もちろん他にも重要なポイントはあるのですが、初心者の方向けに思い切って絞りました。これらはマスト。守らないと登山を楽しめないばかりか、怪我などの危険もあります。

1. もっと難易度の低い山で練習しておく

伊吹山は人気のある山ですが、初心者向けの難易度ではありません。

なので登山が初めての場合はもうちょっと楽ちんな山で練習し、慣れておくほうが良いと思います。

近畿圏で難易度低めの山を上げてみます。

  • 大阪・京都…ポンポン山
  • 兵庫県…六甲山(須磨アルプスとか)
  • 奈良県…金剛山

このあたりが初心者の方にもとっつきやすいと思います。

記事がありますのでこちらも参考にしていただければと思います。

【日帰り登山】奈良県・金剛山|千早城跡など歴史ファンにもおすすめ(2021年10月)2021年10月、金剛山に登ってきました。 奈良県と大阪府の間にあり頂上は1,125m。(和歌山県の県境も近い) 近鉄やJR...

2. 登山靴は必要

初心者の方で「登山靴って必要かな?高いしな…」と悩む方も多いと思います。

伊吹山の場合、登山靴はあったほうが良いと思います。

岩場が多く、道がかなり険しいので、足元をしっかり固めておかないと怪我の元です。登山靴は靴底も厚いので安心感が違います。

私が登ったときにはスニーカーで来ている方も見られましたが、正直大変そうでした。

登山靴の履き慣らしも含めて、先程紹介した山で練習してみるのが良いと思います。

3. 帰りのバスの時間は必ずチェック

登山をするときには時間の管理が重要です。

特に伊吹山のように登山口までバスで行く必要がある場合には、帰りのバスの時間を必ずチェックしておきましょう。

登山関係のバスはそれほど本数が多いわけではありませんし、終バスの時間も早いです。逃すと真っ暗な山の麓に、登山を終えてヘトヘトの状態で取り残されてしまうかも。

下山の際には余裕を持ってバス停までたどり着けるようにしましょう。

「下りだから早く着くでしょ」と思うかもしれませんが、下りは下りで思った以上に体力を使います。足が痛くてペースが上がらないといったことも考えられるので、「ちょっと余裕がありすぎるかも?」くらいの気持ちで十分です。

私の場合は、現地のバス停でも時刻表を確認するようにしておきます。

webサイトの情報は「更新が滞っていたりするかも?」と心配になってしまうから…。

現地でチェックしておけば、「臨時で本数が減っている!」などの情報もキャッチできます。

経験者でも役立つポイント【季節を選ぶ】

伊吹山からの眺め

ここからは登山経験がある程度ある人でも役に立ちそうなポイントをまとめます。

より快適に伊吹山を楽しめるようになると思います。

  1. 水分は2~2.5Lくらい持参
  2. 軍手などを持っていく
  3. きつ過ぎない季節を狙う【狙い目は秋】

1. 水分は2~2.5Lくらい持参

水分をどれくらい持っていくかは結構悩むところだと思います。

やや余裕を見ていますが、私の場合は2~2.5Lくらい持って行きました。

秋に行ったときは余りましたが、暑い時期はこれくらい必要でしょう。

ちなみに、道中に自動販売機があるのと、山頂には売店や食堂があり、飲み物を買うことができるのは知っておいて損がないと思います。

ただし、自動販売機は売り切れの可能性も結構あると思いますので、やはり十分な量持参するのが良いと思います。

2. 軍手などを持っていく

伊吹山の終盤(8合目~)はかなり道が険しくなってきます。

岩を掴んで登る、あるいは地面に手をついて下るような場面も多いです。

そんなときに軍手があると便利で、尖った岩で手を怪我するような自体を避けられます。

登山用のグローブがベストですが、用意するのが面倒な場合は軍手でOKです。

3. きつ過ぎない季節を狙う【狙い目は秋】

伊吹山を楽しむために最重要のポイントかも知れません。それはキツ過ぎない季節を狙うことです。

私自身は、伊吹山には初夏(5月下旬)、秋(10月下旬)にそれぞれ登ったことがあります。

初夏の場合、気温的には過ごしやすいのですがとにかく日差しが強烈です。伊吹山の場合、5合目以降樹木が少なく木陰がほとんどなくなってしまうため、ダイレクトに浴びてしまうんですね。

この季節は新緑の眩しさなどの良さもあるのですが、登るなら帽子を被るとか、日焼け止めを塗るとかの対策が必要です。対策していてもキツかったですが…。

個人的に伊吹山を楽しみやすい季節は暑さの落ち着いた秋です。10月中なら雪もないですし、かなり快適に登山を楽しむことができます。

ただし、立ち止まると寒い、歩きだすと暑いといった気温になることが予想されますので、着脱しやすいアウターを準備すると良いと思います。

また「思ったよりだいぶ寒い!」というパターンも考えられるので、ザックの中により重厚な防寒着を用意しておくと安心です。

まとめ:伊吹山に登るときの準備・ポイント6つ

ポイントをまとめます。これらが全てではないですが、特に重要だと思った点をピックアップしています。

  1. もっと難易度の低い山で練習しておく
  2. 登山靴は必要
  3. 帰りのバスの時間は必ずチェック
  4. 水分は2~2.5Lくらい持参
  5. 軍手などを持っていく
  6. きつ過ぎない季節を狙う

伊吹山は結構きつい、難易度高めの山です。

ポイントにも上げましたが、初心者の方、登山自体初めての方はもっと簡単な山で練習しておくのが大切。そうすることで「これも気をつけたほうが良いな…」ということが見えてくるはずです。

実際に登ったときの記事もあるので、こちらも参考にされてみて下さい。

【日帰り登山】滋賀県・伊吹山|伊吹牛乳(とカレー)がうまい【日本百名山】伊吹山(いぶきやま)に行ったときの記事です。初回は2019年5月、2回目は2021年10月。 伊吹山は滋賀県と岐阜県の間くらいにあ...
【日帰り登山】奈良県・金剛山|千早城跡など歴史ファンにもおすすめ(2021年10月)2021年10月、金剛山に登ってきました。 奈良県と大阪府の間にあり頂上は1,125m。(和歌山県の県境も近い) 近鉄やJR...