明石海峡
タップでたどる
旅行地図
歴史探訪

【地味に良い】兵庫県・出石|出石城と出石神社(2019年1月)

兵庫県・出石2019サムネイル

2019年1月、兵庫県の出石(いずし)に行ってきました。

出石の町並みは重要歴史的建造物群保存地区、いわゆる重伝建に認定されている城下町です。

今回はお城と神社を見てきました。

出石城

出石城は戦国武将、山名氏のお城です。

出石城 出石城 出石城 出石城 出石城 出石城

重伝建・出石の町並みと辰鼓楼

辰鼓楼

出石の古い町並みは重伝建に認定されています。

出石城の城下町です。

写真に写っている塔は辰鼓楼と言って、日本で最古の時計台です。2番めに古いんだったかな(1番は札幌の時計台)。

1871年(明治4年)、廃藩置県の直前に建てられたとのことです。

出石神社【但馬国一宮】

出石神社

出石神社は但馬国一宮として知られます。国幣中社と書かれているのは旧社格によるものでしょう。

出石神社

『古事記』『日本書紀』によれば、祭神の天日槍(天之日矛)は、もと新羅の王子で、妻を追い日本にきて、但馬に住み着いた。朝鮮の高度な製鉄技術を但馬にもたらし、日本海にのぞむ岩山を切り開き、円山川の排水を実現し、沼地(現在の豊岡盆地)を耕地にしたといわれる。

引用:兵庫県の歴史散歩編集委員会 編(2006).『兵庫県の歴史散歩 下 東播磨・西播磨・丹有・但馬』

とのことです。

新羅は古代の朝鮮半島の国、但馬は兵庫県の北部の旧国名。円山川はその但馬地方の代表的な河川です。

『古事記』『日本書紀』に書かれていることはそのまま史実として扱うことは難しい点もありますが、それでもこの地方が古くから朝鮮半島の国と交流があったことを想像することはできましょう。

引用したのはこちらの本。