本・マンガ・動画

【書評】知識を操る超読書術 by DaiGo|5つのメリット&手法

知識を操る超読書術

「DaiGoさんの『知識を操る超読書術』が良いと聞いた」

「めちゃくちゃ本を読んでいるDaiGoさんの読書術を知りたい」

「ざっくり内容を把握して役立ちそうか知りたい」

そんな方に向けた記事です。

こんにちは! メンタリストDaiGoさんの本をよく読むえすたです。

この記事で分かること
  • 『知識を操る超読書術』で読書体験は変わる?
  • 『知識を操る超読書術』で紹介されている具体的な手法5選
  • 実践例:効果的な手法5選

読書に関する悩みって色々ありますよね。

速く読めない、集中力が続かない、読んでも頭に残らない、途中で挫折してしまう…。

「でも、読みたい。」とても分かります。

その悩み、おそらく今回紹介する『知識を操る超読書術』を読むことで、ほとんど解決すると思います。

あなたの読書が変われば、

  • 色々な本からたくさんの知識をインプット
  • 得た知識を活用することで日々の暮らしを改善
  • 生まれた時間で、さらに読書を広げていく…

そんな知識のらせん階段を昇っていけると思います。

ではいってみましょう!

『知識を操る超読書術』得られたメリット5選


「『知識を操る超読書術』ってどう? いい本?」

気になりますよね。結論、良い本です。

私の場合、大げさでなくこの本を読むことで本との付き合い方が変わりました。

具体的に得られたメリットとして、以下の5つを挙げたいと思います。

メリット1.読書にまつわる誤解が解けた

  • 「本はまるまる全部読まなくてはいけない」
  • 「買った分の元を取らないと…」

と、今まで私はこんな風に考えていました。

しかしこれが読書にまつわる最大の誤解だったのです。

本というのは実は、

  • 「全部読まなくても良い」
  • 「自分にとって本当に必要な部分を探すことが重要」

なんです。

とても衝撃的でした。

本書では他に、速読・多読の誤解についても指摘されています。

メリット2.本を読むスピードが上がった

『知識を操る超読書術』の手法を取り入れた結果、本を読むスピードが上がりました。

本を読む際のスピードってかなり気になりますよね。

私の場合、今までは本1冊読むのに1週間かそれ以上かかっていましたが、今ではその気になれば1日1冊は読めると思います。

効果はてきめんでした!

メリット3.知識の定着度が上がった

せっかく本を速く読めるようになっても、知識が頭に残らなければ意味がありません。

「苦労して読んだのに、内容をほとんど忘れてしまった…」

そんな経験あると思います。

『知識を操る超読書術』の手法を使うと、速く読めるのに頭に残る量はむしろ多くなります。

本書のテクニックを用いて資格試験に臨んだところ、かなり短い勉強時間で突破することができました!

メリット4.もっと難しい本を読んでみたくなってきた

読書が苦手だと、どうしも簡単な本、内容の薄い本を読んで納得してしまいがちです。

私自身も今まではそんな感じだったのですが、『知識を操る超読書術』を読んでからは「もっと難しい本に挑戦してみたい!」と思うようになりました。

本で習得した手法でハイレベルな本に挑んでみたい、そんな感じでモチベーションが高まります。

読書の幅が広がりました。

メリット5.自分なりの読書スタイルが確立できた

『知識を操る超読書術』を読んで得た手法を、自分の性格や生活スタイルと組み合わせることでオリジナルの読書法を固めることができました。

このように習慣化しながら、改善を重ねていくことでより読書の効率を高めていくことができると思います。

詳しくは後述したいと思います。

あなただけの読書スタイルを見つけることができますよ!

『知識を操る超読書術』効果の高い手法5選

次に『知識を操る超読書術』の内容から、実際に私が取り入れて効果が高かった手法を5つ紹介したいと思います。

本書の内容はぶっちゃけ全部が有益で効果的なのですが、いっぺんに取り入れるのは難しいと思います。

読んだ上で、「これはやりやすそうだな」「すぐできそうだな」というものから始めてみることをおすすめします。

できるところから変えていきましょう!

使える手法1.読む前の準備をする

この「読む前の準備をする」という手法は本書においてかなり強調して述べられています。

「読む準備さえ整えば、読書の7割は成功」

参考文献:メンタリストDaiGo(2019年).『知識を操る超読書術』

準備とは具体的に何をするのかというと、

  • その本から何を知りたいのかを明確にする
  • その本を読んだ後どんな自分になっていたいかイメージする
  • これらを忘れないように書き出しておく

ということになります。

これによって本に向かうモチベーションが高まるなどの効果が得られます。

準備が7割!

使える手法2.キュリオシティ・ギャップ

キュリオシティ・ギャップ、つまり好奇心の差のことです。

本を読む前に、

  • 「自分が既に知っていること」
  • 「自分がまだ知らないこと」

の差を意識するというテクニックになります。

こうして好奇心を刺激してやることで、記憶への定着度がアップするんです。

「頭の中に穴埋め問題の文章を作り、その答えを本の中から探し出す」、そんなイメージを私は持っています。

キュリオシティ・ギャップ、好きな言葉です。

使える手法3.スキミング(拾い読み)

はじめのほうに「本は全部読まなくていい、むしろ読むべき部分を選び出すことが重要」と述べました。

その際に使うのがこの「スキミング」です。

本を一文一文じっくり読むのではなく、ざっくりと読むんですね。

スキミングするべき箇所は

  • タイトル…筆者が1番伝えたいエッセンス
  • 目次…本の構造、大まかな内容
  • どこか気になる1章…本のレベル感、今の自分に必要そうか?

の三つ。

これを行った上で本当にじっくり読むべき部分見極め、そこを読み込んでいくというわけです。

これができると読書のスピード、記憶の定着度が劇的に変わります!

使える手法4.説明するために読む

本で得た知識というのはアウトプットすることでより理解が深まります。

アウトプット方法としては、習慣化してなんらかの成果に結びつけるというのが最終的なゴールになると思いますが、その前段階として「人に説明する」というのが一番手軽な方法です。

もちろんブログでレビューを書くのも効果的です。

私の場合ですとブログ以外に、「散歩中に妄想する」というのがあります。自分がセミナーの講師になったことをイメージして、どんな風に説明したら伝わるかなと考えています。

使える手法5.辞書を引くように本を使う

「辞書を引くように本を使う」というのが『知識を操る超読書術』を読んだ上で身につけたい一つの目標になるのではないかと思います。

繰り返しになりますが、「本は全部読まなくても良い」んです。言い換えると「必要なところだけを読むのが大切」となります。

当たり前のようで、いざ本を読むとなるとこれができなくなってしまうんですね。

だから頭からじっくり読んでいって挫折してしまうんです。

でも、考えてみると辞書を頭から読んで覚えようとする人ってなかなかいませんよね。「ここに書いてあるな…」と知りたい部分を探して読むはずです。

当然、本には「ここに答えが書いてあるよ!」とは教えてくれません。

だからこそ、まず

  1. 読む前に「自分が知りたいことは何か?」を明確にし
  2. 全体をスキミングして
  3. その上で知りたかった部分を熟読する

という流れが必要になってくるのです。

これが「辞書を引くように本を使う」という意味です。

スキミングによって本が辞書になる!

『知識を操る超読書術』から編み出した読書術

最後に、『知識を操る超読書術』を読んで得た手法を組み合わせて編み出した、私なりの読書術をご紹介します。

時間を30分(作業25分+休憩5分)ずつ区切り、次のような順番で行います。

  1. 表紙・目次をスキミング → 本を見ずに知っている限りのことをマインドマップに書き出す(30分)
  2. 1冊全体をスキミングしながらざっと読む(30分)
  3. 本を見ず、内容をできる限り思い出して先のマインドマップに書き加える(30分)
  4. 思い出せなかった部分を中心に熟読する(30分)

1の手順はキュリオシティギャップを利用するためのものです。

特にポイントとなるのはマインドマップに書き出す1,3の部分。ここで一生懸命思い出そうとすることで、記憶が定着しやすくなります。

用語を覚える系の資格の勉強には特に効果的な方法です!

ちなみに、時間を30分ずつ区切って繰り返すのはポモドーロというテクニックです。

>>ポモドーロテクニックのやり方/コツ/効果を解説|集中力アップ&作業効率化

まとめ:『知識を操る超読書術』で得られる読書体験

それではまとめです!

本記事では『知識を操る超読書術』で得られるメリット、効果的な手法を5つずつ紹介しました。

本書を読むことでこれから先、

  • 色々な本から色々な知識をインプット
  • 得た知識を活用することで日々の暮らしを改善
  • 生まれた余暇で、さらに読書を広げていく…

というあなたの知らない新たな読書体験が得られると思います。

「いろいろ本を読みたいな、何から読んでいいか迷うな」という場合には、是非本書をから読み始めることをおすすめします。

読書案内:より読書を極めたいあなたへ『独学大全』

ほんとの最後に、1冊だけ別の本を紹介させていただきます。

読書、独学に関する手法をより網羅的に幅広くまとめた『独学大全』という本です。

今回紹介したスキミングをはじめ、私のオリジナル読書法でつかった「ポモドーロテクニック」「現読」は『独学大全』からアイディアを得ました。

「より読書を極めたい!」というあなたにおすすめの本です。

『独学大全』は独学のためのまさしく「辞書」です。その内容は手法だけにとどまらず、「なぜ学ぶのか?」というところからスタートします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
えすた
2019年11月からブログを始めました。 暮らしを良くする、知識を広げる、日々を楽しむことをテーマに発信しています。 「食べもの」と「旅行」ジャンルがメインになっていく予定です。