明石海峡
タップでたどる
旅行地図
登山・自然

【日帰り1人登山】山梨県・大菩薩嶺|稜線歩きが最高に気持ち良い(2018年9月)

大菩薩嶺

2018年9月、山梨県の大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ったときの記事です。

稜線では視界が広大にひらけ、非常に気持ちよく歩けるところが魅力。

今回は結構長めのルート(トータル7時間くらい)を取っていて、中級者向けくらいだと思うのですが、他に初級者でも登れるルートもあるのでぜひトライしてみてください。

訪問履歴
  • 【1回目】2018年9月23日
  • 【2回目】未定

大菩薩嶺へのアクセス【塩山駅から】

大菩薩嶺に登るにはいくつかルートがあるのですが、今回は丸川峠を通るわりと長めのコースです。

登山口まではJR中央線の塩山駅からバスに乗ります。

[新宿方面からの最寄り駅]

  • ルート…新宿駅→(JR中央線)→塩山駅
  • 所要時間…約2時間
  • 運賃…1,980円

[登山口までのアクセス]

  • ルート…塩山駅→(山梨交通バス)→大菩薩峠登山口
  • 所要時間…約30分
  • 運賃…300円

ちなみに今回は余っていた青春18きっぷを使用しました。片道だと損ですが、往復すれば元が取れますね。

ちなみに、よりメジャーで初心者向けのコースは上日川がスタートとなります。こちらも参考にしてください。

[新宿方面からの最寄り駅]

  • ルート…新宿駅→(JR中央線)→甲斐大和駅
  • 所要時間…約2時間
  • 運賃…1,980円

[登山口までのアクセス]

  • ルート…甲斐大和駅→(栄和交通バス)→上日川峠
  • 所要時間…約40分
  • 運賃…1,020円

詳しいルートを調べるときは地図を買ったほうが良いです。ただの地図でなく、周辺の交通情報とかもかなり詳しいからです。読み物としても◎。

大菩薩峠登山口に到着

登山口にやってきました。今回はかなり朝早く出発している上、山の西側から登っていくため影になっていて暗い感じ。

日当たりが悪いので9月とはいえ結構寒かった。あとじめじめしていました。

大菩薩嶺

丸川峠に到着

丸川峠

丸川峠に到着しました。登山口からはだいたい1.5時間程度。

ここだけ木が生えていなくて開けています。なんだか不思議な雰囲気。

丸川峠

丸川峠には山小屋カフェとでも言うのか、お店がありましてそこでコーヒーをいただきました。

登山道の様子。じめっと暗くてスリルがある

先にも書きましたが、午前中はなかなか日が当たらず、写真もちょっと地味めな感じ。

大菩薩嶺

こういうのも苔の仲間なんでしょうか?

かわいらしい姿をしている。

大菩薩嶺

行く先が雲に包まれていてちょっとした怖さがあります。

大菩薩嶺

今日に限らず日当たりが悪いのか、木々がびっしりと苔に覆われています。独特の雰囲気がある。

大菩薩嶺

全体的にしっとりしている。しかしこれもまた山の雰囲気を存分に味わえて良いものです。

大菩薩嶺

ちょっと明るくなってきましたね。

大菩薩嶺

かなり日が昇ってきました。

ほっと一安心。

山頂は眺望なし。しかし楽しみはここから

大菩薩嶺山頂

山頂に到着! 標高は2,057mです。

ここが最高地点ということですが、眺望はありません。

景色の良いのはここから。期待が高まります。

最高に気持ち良い稜線歩き

大菩薩嶺

一気に視界がひらけて、良い眺め。

大菩薩嶺

雄大な稜線を楽しめます。

大菩薩嶺

大迫力。本当に美しい。

大菩薩嶺

振り返ってもまた、良い。

大菩薩嶺

なんとも穏やかな表情。

大菩薩嶺

少し角度を変えるとまた違った表情に感じられます。

大菩薩嶺

大菩薩湖が見えてきました。

大菩薩峠に到着

大菩薩峠

小説とかでも知られる大菩薩峠に到着です。

名前としてはこちらのほうがよく知られているような気がします。

甲州裏街道(青梅街道)の難所です。

大菩薩峠

福ちゃん荘方面へ下山

大菩薩峠鹿がいた

大菩薩峠から福ちゃん荘方面へ下っていきます。

上日川から登る場合にはこのルートをピストンする場合もあると思います。

大菩薩峠

苔で覆われた岩。山の南側ということもあり日当たりが良い。

大菩薩峠

水の流れもあり。全てに癒やされます。

大菩薩峠

これが落葉松の林?

大菩薩峠

福ちゃん荘に到着。大菩薩の重要な拠点。

大菩薩峠

きのこが並べてありました。

大菩薩峠

落ち着く緑。

ごほうび、生ももジュース

大菩薩嶺

道を下っていくとこのとおり、千石茶屋さんがありました。

大菩薩嶺

生ももジュースを注文。

季節的な関係で黄桃でした。濃厚で、ちょっと野趣を感じる風味。

これはおいしい。また飲みたいと思いました。

大菩薩嶺まとめ

今回のまとめです。

アクセス方法

[新宿方面からの最寄り駅]

  • ルート…新宿駅→(JR中央線)→塩山駅
  • 所要時間…約2時間
  • 運賃…1,980円

[登山口までのアクセス]

  • ルート…塩山駅→(山梨交通バス)→大菩薩峠登山口
  • 所要時間…約30分
  • 運賃…300円

山行データ(2019年9月23日)

[山行データ(YAMAPで取得)]

  • 日時:2019年9月23日
  • コース:大菩薩峠登山口~丸川峠~山頂~大菩薩峠~福ちゃん荘~上日川登山口~大菩薩峠登山口
  • 最高地点:2,057m
  • 高低差:1,416m
  • 往復タイム:06:35
  • 距離:14.6km

関連本【大菩薩峠】

まずは地図。繰り返しになりますが、読み物としても面白いので持っておくべし。

ずばり、大菩薩峠という小説があります。青空文庫で読めるので、ざっと目を通しておくと雰囲気が楽しめるかも。ちなみに全巻読むと非常に長いです。1巻だけでOK。

大菩薩嶺はルートを選べば初心者から中級者の方まで楽しめます。

ダイナミックな稜線歩きは非常に気持ち良いのでぜひ味わっていただければと思います。

もう少し標高の低い山から練習したい場合には、同じ山梨県の三つ峠をおすすめします。

こちらも記事があるので参考にどうぞ。

山梨県・三つ峠
【日帰り1人登山】山梨県・三ツ峠山|富士山見えてエキサイティング(2018年8月) 2018年8月に行った山梨県・三ツ峠山の記録です。 前回行った奥多摩・大岳山はだいたい1200mくらいの山でしたが、今回は...